メールはあなたを映す鏡です

文字だけで相手に自分の意思を伝えるというのは実は非常に難しいと思うべし!

分かりやすくまとめる

メールを一度に長文でダラダラと送っても相手は見るのも疲れてしまいますし、どれに対して何を返信していいのか分からなくなってしまいますよね。どうしても話が長いのであれば前もって長文だけど見て!などと一文入れておくのも大事だと思いますが大体は抵抗を覚える人がほとんどなのです。自分が長文を送って満足しているのは全然よくありません。

逆に自分がものすごい長い長文が送られてきたらと思ったら面倒と感じてしまうことでしょう。今の文化的に長文をだらだらとみるというのはあまりにも面倒に感じてしまってそれこそ途中で見る気をなくしてしまいます。そして相手にどう変身していいのか分からなくなって結局返せずに終わってしまうことが多いのです。

そして相手からのメールをどんどん返すのが面倒になっていってしまって離れて行ってしまいます。しかも長文を送るというのは裏を返せばまとめるのが苦手ともとれるので気をつけたほうがいいかもしれません。

分かりやすく小分けにするのが大切で、例えば荷物も一つの入れ物に何でも間でも詰め込んで持ち上げようとすると持ちあがないですが、分ければ持ち上げることが可能ですよね。ですので一回のメールは100文字から200文字程度にして相手にメールを送るようにしましょう。メールですべてを伝えるのは無理と考えて足りない部分は会ったときに話そうと思うほうがいいと思います。

リズムで相手とやりとり

相手とのメールをするときに気をつけなくてはいけないのは相手とのリズムを感じること!相手が社交辞令程度で返しているのにもかかわらず何でもかんでもすぐに返信してメールの返信を促すようなことはしてはいけません。

ようは相手の温度をくみ取ってあげることが大切なのです。話が盛り上がっているときはすぐにメールの返信をしたりすることが大切です。例えば趣味で同じ趣味が見つかった時などはすぐに返信してもいいと思いますが仕事の合間を見計らってメールを返したりしているのにもかかわらずすぐに返信して続かせようとするのも嫌がります。

ましてやなんで返信が遅いの?などどメールを促すこともいけません。相手とうまく話がかみ合って盛り上がっているときはすぐにメールをして盛り上がっていないときは多少は返信を送らせてあげるのも一つの優しさです。

がっつかない

出会い系サイトを利用する上でメールのやり取りをしていくことが一番重要なことですが、相手とそこまで打ち解けていない状況なのにもかかわらずがっついてすぐに会おうとか!大人の関係になろうなどと言ったり、援助しますといって簡単にお金で解決するようなことはやめましょう。

たとえそれ目的でも人間は素直になれないときがあって本当はほしいのにもかかわらず見栄を張ってしまうことってないですか?買う気でいたのにもかかわらず店員が寄ってきてなんか買う気を失ってしまったということもあったと思います。

そのため相手の確信をつくのではなく、まずは色々とコミュニケーションを図って仲良くなってから会いたいと思うのは嫌だと思いますし、それだけの関係というのもなんだかむなしく感じてしまいます。

最終的な落とし所もそうですが、相手の立場も考えて行動しなくてはいけません。例えば営業マンで買って買ってとアプローチしても相手はOKを与えないどころかなんかあやしいと思われてしまいます。しかし、反対に雑談ばっかりしていて相手から何しに来たのと言われてそこから相手に言わせるぐらいに話せたらほとんどがうまくいっているのです。

とにかくがっつかないで相手と仲良くなること!それに重点を置けば必然的に仲良くなれます。